Fandom

スケバン刑事 Wiki

戸田恵子

230このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
プロフィール
Replace this image JA.svg
戸田恵子
  
テンプレート:特殊文字

テンプレート:Notice

とだ けいこ
戸田 恵子
本名 戸田 恵子
別名 あゆ朱美(旧芸名)
生年月日 1957年9月12日(59歳)
出生地 日本の旗 愛知県名古屋市北区
血液型 O型
職業 女優声優ナレータータレント
活動期間 1973年 -
活動内容 1973年:デビュー
1983年:『キャッツ♥アイ
1985年:『ゲゲゲの鬼太郎』(第3作)
1988年:『それいけ!アンパンマン
1989年紀伊國屋演劇賞受賞
1997年:『ラヂオの時間
1997年日本アカデミー賞受賞
1998年:『ショムニ
主な作品

実写映画
ラヂオの時間
ドラマ
総理と呼ばないで』『ショムニ』『HR
ちゅらさん』『天才柳沢教授の生活
純情きらり
舞台
『渾・身・愛』『オケピ!
『なにわバタフライ』『歌わせたい男たち
アニメ
機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン
それいけ!アンパンマン』『キャッツ♥アイ
ゲゲゲの鬼太郎』(3作目)

吹き替え
X-ファイル』『きかんしゃトーマス

戸田 恵子(とだ けいこ、旧芸名;あゆ 朱美1957年9月12日 - )は、日本女優声優ナレーター歌手タレント愛知県名古屋市千種区出身[1]駒澤学園女子高等学校卒業。グランパパプロダクションルックアップ所属。血液型はO型。以前は神奈川県横浜市に住んでいたが、現在は東京都世田谷区上馬に転居している。

経歴 編集

母親の勧めで小学校5年生からNHK名古屋放送児童劇団に在籍し、『中学生日記』で女優として出演。歌が好きでフジテレビ日清ちびっこのどじまん』の東海地区チャンピオンになったこともある。

1974年に上京し、16歳の時にあゆ朱美の芸名でアイドル演歌歌手としてデビュー。しかし歌手としては成功せず、リポーター業などをしていたところを、ある番組で一緒になった野沢那智から声を掛けられた。本人は2005年のインタビューで当時を「バラドルみたいな状態。仕事はありましたが結果は伴っておらず将来は不安だった」と言う趣旨の回想をしている。なお、このアイドル時代、気球からのリポート撮影で墜落事故にあった経験もある。また、さだまさしの『ひとり占い』(グレープ時代の作品である)をレコードで発売しているが、全く売れなかった。

その後、所属していたプロダクションが解散したこともあり、1977年、19歳の時に野沢主宰の「劇団薔薇座」へ研究生として入団。本格的に演技の勉強を始め、ミュージカル『ミュージックマン』で葦原英了賞、主演を演じた『スイートチャリティ』で芸術祭賞演劇部門賞を受賞し、劇団の看板女優として活躍した。退団後の1989年には舞台『渾・身・愛』で第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。この薔薇座時代の愛称は「グリコ」。現在でも声優仲間からはこの愛称で呼ばれることが多い。この「グリコ」の由来は、薔薇座入団当初の彼女の「イガグリ頭」から付けられたもので、菓子のグリコとは関係はない。

1979年に実写版『眠れる森の美女』のオーロラ姫役で声優デビュー。アニメ作品は、『無敵鋼人ダイターン3』がデビュー作である。続けて出演した『機動戦士ガンダム』のキャラクター・マチルダ・アジャン役で名を知られるようになった(第41話「光る宇宙」にてララァが散るシーンでは、「いまはおやすみ」が挿入歌として使用された。)。当初は『伝説巨神イデオン』、『子鹿物語』など歌手としての色彩が強い出演作品が多かったが、次第に本格的な声優業にも進出してゆく。『ゲゲゲの鬼太郎(3作目)』の鬼太郎役、『キャッツ♥アイ』の瞳役、『きかんしゃトーマス』(フジテレビ放送版)のトーマス役、そして『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役として子供たちから絶大な人気を受けてそのキャリアは30年を越えている。洋画の吹き替えも多く担当しており、ジュリア・ロバーツジョディ・フォスターの吹き替えや『Xファイル』のスカリー捜査官などでも知られる。現在は女優としての活動が中心であるため、アンパンマン以外での声優としての活動は少ないが、散発的に吹き替えなどに出演している。

『機動戦士ガンダム』での共演をきっかけに池田秀一と結婚するが、後に離婚。その後、1990年に俳優井上純一と再婚するが、2006年12月に離婚。この事実は世間ではほとんど知らされておらず、2007年7月頃の週刊誌にて初めて発覚した。ちなみに、井上とは離婚した後も仲が良いとのこと。

1994年、金子修介監督の映画『毎日が夏休み』に出演、実写映画への本格的な出演は初めてであった。1997年には三谷幸喜が脚本を手がけた『総理と呼ばないで』で連続ドラマデビュー。その後、『ラヂオの時間』(日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞)、『HR』に出演し、三谷作品の常連となる。他にも『ちゅらさん』、『ショムニ』、『天才柳沢教授の生活』などに出演。舞台には『オケピ!』、『なにわバタフライ』、薔薇座時代の同僚・岸野幸正率いる「劇団岸野組」の公演などに出演。

2006年『歌わせたい男たち』では第13回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した。

2007年、50歳を記念して歌手として再デビュー。ビクターエンタテインメントより9月5日にアルバム『アクトレス』をリリースし、12月19日には中村中が楽曲提供した「強がり」をシングルカットしてリリース。因みに中村からは恵さんという愛称で呼ばれている。2008年にNHKみんなのうた「昆虫ニンジャ」が4月23日にリリースされた。

人物 編集

かなりの酒豪として有名であり、酔っ払うと自身も何を仕出かすか解からず、そのことについて共演者や関係者からの証言も多いテンプレート:要出典 。また、交友関係としては、三ツ矢雄二とは、児童劇団時代からの腐れ縁であると語っている。山寺宏一とはアニメや人形劇、テレビドラマ等を通じて共演が多い。

趣味は演劇鑑賞で、主にブロードウェイのミュージカルを鑑賞している。多いときは毎月数回鑑賞しにいく。他にも、自身で愛車の黒いポルシェで気晴らしのドライブするのは好きだが、安全運転であり、高速道路の合流地点に入ってもなかなか本線に入れず、車が前にいるだけで高速道路が自然渋滞する。東名高速の海老名サービスエリアまで行き、適度に休憩した後、そのまま帰ってくる[2]

初めての連続テレビドラマの出演オファーを三谷幸喜から受けた際、直接出演依頼を受けたが、年齢的なこと(当時39歳)を危惧し固辞した。しかし、諦めきれない三谷幸喜から、ある時「あなたをよく知っている自分が脚本を書くから、何も心配しないでくれ」と言われる。実は三谷は、元々自身が駆け出しの脚本家だった時代から舞台女優であった戸田の個人的ファンであり、楽屋へ度々直接花束を届ける程であった。最終的にはその熱意に負けて出演を承諾。それ以降、三谷作品のみならず、あらゆるドラマの重要なバイプレイヤーとして、現在も出演を続けている[3]。多彩な役柄をこなすため若手女優の目標とする女優に選ばれることが多い。また、三谷とはテレビドラマ『サザエさん』で井佐坂夫婦としても共演した。

2000年代後半以降は司会業もこなしている。

声優として 編集

アイドルから声優に転向して成功した先駆けとも言われ、小山茉美潘恵子と並ぶ人気だった。その声優のデビュー作は『眠れる森の美女』のオーロラ姫であるが、本人は「セリフがほとんどなく、だから新人でも大丈夫だと判断されたのでは?」という主旨の発言をしている。また、声優としてキャラクターの声をあてる際は、アンパンマンだと丸い顔からある程度優しい声というように、第一印象を大事にしている。

スーパーロボット大戦シリーズには、マチルダをはじめ戸田がキャストを担当したキャラクターが出演しているが、シリーズの傾向として戦闘シーンに直接関与しないキャラクターには基本的に声が入っていない。ただし、いくつかのガンダムシリーズのゲーム作品では新たに録音された戸田本人によるマチルダの声を聞く事ができる。[4]

『ガンダム』に次いで出演した富野由悠季監督作品『伝説巨神イデオン』の重要キャラクター、カララ・アジバのデザインは、戸田本人をモデルとしている。戸田が歌ったエンディング曲「コスモスに君と」は、2007年発売のアルバム『アクトレス』にもボーナストラックとして収録されている。

俳優としてTVドラマ『電車男』に主人公・剛司の母役で出演した際には、劇中最後まで姿を現さず、最終回において主人公の所有するマチルダのフィギュアと共に登場し、「そこの剛司、早く座りなさい」「生意気ね」といった台詞を発した。

主な出演作品 編集

俳優業 編集

ドラマ 編集

映画 編集

舞台 編集

声優業 編集

アニメ 編集

テレビアニメ 編集

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1987年

1988年

1991年

1996年

  • シティーハンター ザ・シークレット・サービス(ローザ・マルチネス)

1999年

2004年

劇場版アニメ 編集
OVA 編集
アニメ吹替 編集

吹き替え 編集

ゲーム 編集

その他 編集

情報・バラエティ 編集

ラジオ 編集

その他 編集

リリース作品 編集

あゆ朱美時代編集

タイトル(A面)タイトル(B面) レコード会社 レコード番号 発売日 備考
ギターをひいてよ 花は知らない ビクター SV-1174 1974.02.25オリコン最高位85位、売上0.5万枚
街あかり 涙の季節 ビクター SV-1195 1974.09
十七のえれじいこの一年 ビクター SV-1221 1975.04
ひとり占い 19才 ビクター SV-6109 1976.11元はグレープの楽曲。作詞・作曲:さだまさし

戸田恵子(改名後)編集

タイトル(A面)タイトル(B面) レコード会社 レコード番号 発売日 備考
思い出ブルー・ドリーム 女いのち歌 キング K07S-255  劇場版・「宇宙戦士バルディオス」挿入歌

CD 編集

  • コスモスに君と - 『伝説巨神イデオン』 エンディングテーマ
  • 勇気のルンダ - 『それいけ!アンパンマン』 ベストヒット、それいけ!アンパンマン キャラクターソングコレクション
  • きらめきのララァ / いまはおやすみ - 『機動戦士ガンダム』挿入歌
  • ギターをひいてよ - あゆ朱美時代の代表曲はデビュー曲。懐メロ系オムニバスCDに現在でも収録される、フォーク調演歌の佳曲。ビクターの『アイドル宝石箱』が現役盤。
  • アクトレス(2007年9月5日発売)
  • 昆虫ニンジャ(2008年4月23日)NHKみんなのうた

CM 編集

その他 編集

著書 編集

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 出生は名古屋市北区である(中京テレビ「幸せの黄色い仔犬」テレビCMより)。
  2. 2007年6月16日放送『メントレG』における高橋克実のインタビュー証言。
  3. 2007年6月16日放送『メントレG』の1コーナー「Gのポイント」、『笑っていいとも!』の1コーナー「予想屋に聞け! ゲストご自慢ダービー」(2007年12月19日)より。
  4. 『Z』の『宇宙戦士バルディオス』は劇場版準拠だがローザ・アフロディアは代役が起用されている。

関連項目 編集

外部リンク 編集


en:Keiko Toda pt:Toda Keiko ru:Тода, Кэйко

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は戸田恵子にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki